FC2ブログ

お客さま訪問

MODEL57の試聴希望をいただいたので試聴機を持って伺いました。

お料理教室専用に使われている建物ですので、生活感が全くありません。

壬生正面

庭が見えるテラコッタ張りの床に厚めの絨毯がひかれて、ハーベスの小型スピーカーが置かれていました。
オーディオシステムは椅子の陰に設置されているためスッキリして気品があるお部屋になっています。
スピーカー後ろの腰下硝子窓を通して外庭の緑が見えるあたりはオーディオ中心の方とは一線を画す佇まいです。
真空管交換によるMODEL57のパフォーマンスが主題でしたので、E.Hや松下、ジーメンスを聴いて頂きました。

壬生57

ジーメンスのEL34が最良との結論でしたので、この球での納品依頼されましたが、真空管ブランドによる音質変化が明確に聴き取れるMODEL57のデモンストレーションに支障が出ますので、丁重にお断りしてオークション等で探して下さるようにお願いしました。

写真を撮らせていただいていると氏自らMODEL57をモデルに写してくださいました。

壬生飾り棚


KT88やS.V、G.DのEL34もMODEL57試聴機と一緒に預けて来ましたので、いろんな意味で暫くは楽しんでいただけるものと思います。

壬生庭

京都市内の中心部ですので周りには高い建物がそびえていますが、不思議に落ち着いた空間になっています。
隣の縁側のある和室や教室のダイニング等、全ての部屋が絵になる佇まいですので、入力ソースとそれぞれの部屋に相応しいスピーカーを置いて弊社製品群の写真を写してみたいと感じた昼下がりでした。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード