スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MODEL57 その3

アンプ回路の配線は出来るだけ短く繋いだ方が良いというのはまことに正しいことです。
巷では雑誌の付録に付いていた小さなデジタルICアンプが良い音がすると騒がしいようですが、ICアンプは回路の長さが無いのと同じくらい極端に短いので当然かもしれないなと思うのでございます。
あそこまで小さくするとアンプ回路内のグラウンド電位差がほとんど発生しないとも考えられるのです。
真空管アンプの配線はICアンプ内と比べると桁違いに長いためグラウンド電位差は大きなものになります。
グラウンド電位差のあるところに音楽信号を入れますとグラウンド側にも音楽信号が現れ、左右チャンネルのグラウンドが共通のステレオアンプでは左右の音楽信号が混ざり合い平面的で濁った表現になることは以前から述べている通りです。
アンプとアンプを動作させる電源のグラウンドにもそれぞれに音楽信号は現れますから、混ざり合うとやはり平面的で濁った表現になりますが左右のグラウンドのようには分離できないのです。電源グラウンドとアンプグラウンドの分離とはすなわち電源スイッチを切ることを意味するからです。

MODEL57には電源グラウンドとアンプ回路グラウンドに発生する音楽信号が混ざらないようにするノイズスプリッターが配されています。
ノイズスプリッターはグラウンド電位差を緩和して、グラウンドノイズの発生を抑えるオーディオアブソーバーとして働きますから、アンプからみた電源がアンプの理想型になり、電源からみたアンプが電源の理想型になるのです。

このオーディオアブソーバーもまたMODEL57の音質を決定づけているのでございましてリターンノイズスプリッターと銘打っております。
グラウンドノイズスプリッターと同じように働きますが、音楽信号に直接働くのではなくアンプ回路内にあって電源グラウンドの電位差による悪影響を緩和するオーディオアブソーバーとして働きますからリターンノイズスプリッターと称してみたのでございます。

MODEL57はピュアデュアルモノーラルという利点だけでなく「MODEL57 その1」や「MODEL57 その2」で述べた回路やオーディオアブソーバーといった独創的技術満載の作品なのでございます。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。