FC2ブログ

解説テキスト

トップページにある解説テキストを書き直しました。

わかる人にはわかるが、わからない人にはわからないと言われ続けてきましたので、言いたい事を半分にしてわかってくださる方が倍増するように試みました。
結果的に言いたい事を減らす事でより伝わるのだとまたまた学んだ次第でございます。
思い込んでいる音色の再生に一喜一憂せずに目の前に演奏が再現されている様子を味わっていただきたいと思っておりましたが、そこだけを声高に叫んではいけないなと反省しました。

実際のクラシックの素晴しい演奏でオーディオマニアが低域と高域の伸びが無くて残念な演奏会だったと言ったとか言わなかったとかの話を聴くにつれ何を期待するのかしないのかで評価というものは逆転するのだと考えさせられましたが、テキストに限らず発信する側と受ける側の認識には隔たりがあるのでしょう。

演奏会の雰囲気やライブの熱気こそが再生されてこそオーディオの楽しみだと擬似ステレオの音色マニアにわかっていただけるように少し引いて良い結果を招くようにと思い直した今日この頃でございます。

検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード