スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいオーディオ

オーディオとはリスナーの眼前に演奏会場の空間が広がるものです。
演奏会場の「音」の再生ではないのです。

演奏会場の音を響かせるオーディオはPA=パブリックアドレスやSR=サウンドリーンフォースメントと呼ばれておりますが、拡声器は音楽を再生しているのではなく現場のサウンドを増幅しておるのでございます。
同じように音楽音源をリリースするためのスタジオ機器類はサウンドのアラ探しをするための機器ですから心地良く聴こえては細部のチェックが出来ないので耳あたりが決して良くないのが特徴となっています。
こう言ったプロ用の業務機に対して耳あたりの良い民生機が家庭用オーディオ機器なのですが、高級機は業務機の系譜としての権威を唱い、普及機は家電品としての値ごろ感を訴えたりしております。
残念ながら共にステレオ機器として設計されているためにクロストークを内在しておるのでございます。クロストークは不自然な鳴り方をする原因ですから音質を訴えるまえに欠陥を無くさなくては「音質」が嘘の上塗りになってしまうのでございます。

クロストークが皆無のグラウンドアイソレーション機器は左右のスピーカーの間に演奏空間を生成させます。
既存のステレオ機器で云々される「音色」とは次元の違う働きをしておるからですが、「音色」を突き詰めれば演奏会場にいるような音質になるとの錯覚や誤解があるためオーディオファンほど「音色」に固執したりされたりして一喜一憂を繰返してられます。クロストークを内在している既存のオーディオではどれほど突き詰めても演奏会場にいるような感覚を味わうことはできないのにです。

音色の好みとは関係なく部屋の大きさを超えた演奏会場を再現するためにも、とても大きな空間を感じるためにもクロストークはゼロでなければなりません。
なぜなら人間は空間を左右の耳に届く音に僅かにでもクロストークを感じると不自然さを感じ取るからです。
クロストークが無いグラウンドアイソレーション機器は「音色」では辿り着かない世界へリスナーを運ぶ音楽のための機器なのです。
新しいオーディオとは機器の「音色」ではなく音楽を演奏空間ごと楽しめるゼロクロストークの世界を指しているのでございます。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。