FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MODEL57

真空管プリメインアンプMODEL57をリリースしたのでございます。

MODEL57の肩書きはよくある真空管プリメインアンプですが、グラウンドアイソレーション真空管プリメインアンプですのでおそらく世界で唯一のものなのでございます。

グラウンドアイソレーションアンプはよくあるモノーラル構成やツインモノーラルと混同されますが、左右チャネルのアース=グラウンドが絶縁されているので、ピュアデュアルモノーラルアンプと呼ぶようにしました。

同じように左右チャンネルのグラウンドが絶縁されているデュアルコアD/Aコンバータを繋いで聴いて頂くのが最適なのでございますが、世の中にデュアルコアD/Aコンバータを手にされている幸運な方はまだまだ少ないので、敢えて一般的なCDプレーヤーを用いた場合であってもグラウンドアイソレーションアンプの素晴らしさを味わって頂くことを考えてみました。

一般的なCDプレーヤーの出力は左右2本のピンケーブルでアンプに繋いでいる様に見えますが、その実態は何度も手前どもが説明しております通り、ピンケーブルのアース側は左右の別の無い左右共用グラウンドになっているのでありまして、左信号、左右共有アース、右信号の三線式伝送を知らず知らずではございましょうが、させられているのでございます。

そこで共用グラウンドによるループを断ち切るためにMODEL57にもGNSliteを採用いたしました。

MODEL45に採用したGNSliteと同等のものを入力セレクター、ボリューム基板に実装しております。
入力セレクターと音量調節器の間に実装したのが味噌でございまして、通常CDプレーヤーなりの出力の負荷は増幅器の音量調節器なのでございますが、GNSliteなるものを入れますとCDプレーヤーのグラウンドが断ち切られて電気信号ループが完結します。
音量調節器は増幅器側の電気信号ループになり、価格こそ三桁の幅のあるCDプレーヤーの三線式伝送から解き放たれるのでございます。

そう致しますとCDプレーヤーから奥行きのある音楽が聴こえますので、ピュアデュアルモノーラルアンプの良さを存分に味わっていただけることになるのでございます。

ただいつものように価格縛り無しに進めた企画ではありますが、時節に応じた価格としたために原価を考えると有り得ない価格となりました。

そこは手前どもの都合とわきまえ、少しでも多くの方にお届けして辻褄を合わせる所存ですので、少しでも多くの方々に試聴していただけるように願っているのでございます。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。