スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円運動とサイン波

中学生だったか高校生だったかは定かではございませんが、数学の時間に習ったのでございます。

先生が黒板の左側に円を描かれまして、右側にグラフ図というのか縦横に区切ったものを描かれたように思います。
グラフ図の縦軸が円周上にあるポイントの上下位置を示して、横軸が時間でしたかを示していたと思うのです。

時計で言う12時の位置を左横の図の縦軸に移しますとグラフ図の左端の一番上になるわけでございます。先ほど時間軸といいましたが、黒板を使った授業なので角度を横軸に移したものかもしれません。

時計で言う1時の位置をばまた左端のグラフ図に移しまして、2時、3時と続けますと放物線のような形になり、3時の位置では右側のグラフ図の上下の真ん中になります。
さらに4時、5時、6時と移しますと左のグラフ図の一番下になるのでございます。

6時は12時から見ますと180度の位置でありますからして、それ以上時が進みますと180度以上になりますので、右側グラフ図では上向きの線をば示すことになるのでございます。
ですから7時から12時の位置を左側のグラフ図に移ししますというと一番下に行ったものが上へ上へと駆け上がって行くのでございます。
このように円運動を時間軸と言いますか角度のグラフ図に描くとサイン波になるのだぞと教えられたと思うのでございます。

何故にこのようなことを言い出したのかと申しますのも、地球が丸いということと太陽の公転で円運動を描くと日本という国に季節があると習ったようにも思うのでございます。

一年で一周する円運動を気温のグラフに表しますと太陽に近い夏が一番上で、一番遠くなる季節が冬になりまして、グラフで言う一番下になるのだろうなとぼんやり思っていた訳でございます。

夏の盛り、時計で言う11時、12時、1時あたりの縦軸の位置はそれ程変わりませんが、秋に当たる2時、3時、4時は急激に下に向かうわけでございます。
冬にあたる5時、6時、7時はこれまたあまり変化せずにおるわけでございます。

しかし昨今の季節は飽和していて、徐々に暑い日が続きながらも少しずつ過ごしやすくなるのでなく、真夏日と熱帯夜が連日続いたと思いますとポキンと折れるように落下するがのごとく気温が下がるような気がするのでございます。

アンプ波形で言うクリップ状態に季節の移り変わりがなっているのではないかと思う訳でございます。

夏がこんなに暑ければ冬はそんなに寒くないのではないかと考えられる御仁もおられようかと思います。

なにせ温暖化とやらで地球は暑い方にシフトしているのだそうでございますからして、そのようなご意見も分からぬでもございませんが、得てして動作点が適正ならばクリップ波形は下側も同じようにクリップするものですので、冬になりますと極寒の真冬日が何日も続くのではないかと思うのでございます。

おそらく太陽や地球の動作点と言いますか永きに渡る営みはそんなに変わるものではございませんので夏の暑い分、冬は寒くなると動作点の適正をアンプのクリップ状態をオシロスコープで確認してしまう私は思うのであります。

しかしまあ 正弦波だったものがクリップ状態を続けてしまいますとやがて方形波になりまして、夏が終わるとすぐに冬になるのでございます。

空気のない惑星の1日は灼熱の昼と極寒の夜の繰り返しだそうでございますが、温暖化するほど空気がありますので、そんなことにもならんだろうとまたぼんやりと思うわけでございます。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。