スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dディスプレイ

薄型ハイビジョン3Dテレビの売り上げが好調のようです。
加えて熱心なマニアの減少からオーディオの売り上げは低調だと新聞紙面は続きます。

ここに「音色」にこだわったオーディオの現在があるように思います。
「音色」より音楽を空間として楽しむ心地よさに着地点を持たなかったために関心を無くさせてしまったと思うのです。
「音色」の向上はディスプレイでの平面画面の精細度の向上に近いかも知れません。
画素数の向上は驚きの美しさをもたらしましたが、ヒトにとってはひとつの平面を両目で観ているに過ぎません。

ディスプレイや紙面といった人工物以外は立体的に捉えてヒトは暮らしていますし耳もまた音を空間として捉えて生きてきたのです。

左右の目に映るものの視差を使って頭の中で立体として認識していますから液晶シャッターメガネ無しで見える次世代の裸眼3Dディスプレイは左右の目に視差情報を含む画面が見えるように工夫がされているようです。
オーディオでの左右の耳に届く音を別々に増幅して聴くと奥行きのある立体的な聴こえ方をするのと同じです。

一般のステレオ機器は左右別々に増幅しているようですが、実は共通アースを採用しているために単線で電車を運行しているように、それぞれが反対側の影響下にあるために正確に増幅しているわけではありません。

オーディオもやがて「音色」を「磨き上げ」ても平面的な表現しか得られないことが理解されれば奥行きのある立体的な空間で音楽を楽しめるように進化すると思うのです。
売れる「音色」を求めて平面的な「音像」「音場」を聞き取れることで良しとしている現在のオーディオではますます衰退してしまうのではないでしょうか。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。