FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシュラン

2010年も残すところあと一日です。

つたない文章に目を通していただいた方々ありがとうございました。

明日は美味しい年越し蕎麦をいただきに親しくさせてもらっている友人のお店に行こうと思っています。
年末はお店の外にまでお客さんが並ばれるので遠慮しているのですが、わざわざ小マシな蕎麦で我慢しては精神衛生上良くないとします。

その友人が自ら蕎麦打ちするお店が今年「ミシュラン」ガイドブックに載りました。
しかし彼は 「ありがたいことです」とは言うものの心底喜んでいないようです。
彼曰わく「成る程!」のお店も「あんなお店がねえ…」というお店も同じ星数では「ミシュラン」ガイドブックの価値自体?マークがついてしまうのではないかというのが本人の弁です。

味の好みは個人的な嗜好なので他人さまの評価はその人なりの範疇を出ないのですから仕方ないと言うしかありません。

我が身を振り返るとこれまた音色の嗜好に辟易させられているので、ふたりして今年も愚痴を零しながら酒を酌み交わしました。

彼は美味しい蕎麦の実を求めて収穫時期前後には日本全国の蕎麦農家さんを駆け回ります。
不味い実はどのように手を尽くしても良い味にならないと聞けばなるほどと腑に落ちるのですが、美味しい蕎麦の作付けや育成法まで伝授しての息の長いスパンでの努力に頭が下がります。

真空管アンプこそ十年一日ですが、デジタルオーディオ、特にPCオーディオなどは展開が早過ぎてつい新しいものに目を奪われがちです。
素子を使いこなす前に新しい規格と対応する素子が出るので従前通りの使い方の域を出ないように思います。
じっくりと良いものを作る心構えと行動がないと良い蕎麦を提供することが出来ないように、使い捨てのような規格を追うだけでは、前規格を手にした方に「お試しご苦労さん」とばかりの扱いをしているようで、この先これで良いのかと疑問が湧いてしまいます。

規格が向上しても音楽性よりもサウンドが重視され、ステレオオーディオ自体の欠陥に毒されたままでは「音色」の嗜好に走るばかりの方は減らないと感じています。

演奏会の興奮を知る方にグラウンドアイソレーションされたオーディオを聴いていただけたならステレオオーディオの欠陥は聴き取れるのですが、「ミシュラン」の看板だけのお蕎麦屋さんしか知らない方には「ミシュラン」を遥かに超える彼の蕎麦の味がやはりわからないと思ってしまうのです。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。