FC2ブログ

阿漕な旅

昨日は中村 中さんのコンサート「阿漕な旅 2010」にひょんなことから行きました。
彼の声質とお客さんとの受け答えに無理の無い、媚びたところの無い心地良さは個性的で、久しぶりにJポップを楽しめました。
ただコンサートの流れとして、唄に合わせて手振りをつけるようにみんなを立たせて一連の振りを教えてくれた際、額にもっていった右手にメガネを引っ掛けてしまい一瞬に前の席辺りに飛んで行ったのには参りました。ステージから四列目だったので通路に出て寝転ぶような探し方をすると、おっさんがコンサート中に倒れたような絵になってしまうので出来ず、座る際には踏み潰されるのではないかという事態に遭遇したのには参りました。
曲が終わり2列目の席の方が座る前に気付いてくれて事なきを得てほっとました。

クラシックやジャズのボーカルよりもポップス系の人の声質や歌い方によく惹かれます。
中さん以外でもフェイ ウォンやケイト ブッシュの声に説明のできない魅力を感じるのです。

もっとも、彼女の初アルバムの一曲と二曲目のロックバンド仕立てには参りました。もっと聴き手の心に染み込むようなアレンジであれば良いのにと思っていたので、駄洒落のようなネーミングのアコースティックギターによるコンサートツアー=「アコギな旅」の弾き語りやピアニストとギタリストだけの小編成のコンサートは願っていたものでした。

難を言えばSRの出音が粗くミキサーのヘッドマージンがないのか声を張り上げる場面では小生集中を欠きました。中さんがFBのレベルを上げるようにジェスチャーを何度も送っていたのにも対応していなかったようでした。
中さんのギターとボーカルマイクはワイアレスにすべきと思う場面が何度もありましたので、SRはもっと集中して欲しいものです。
ピアニストが「アコギな旅」の趣旨に添った唄伴の演奏ではなく、ロックバンドメンバーの一員としての弾き方をするのにも違和感を感じました。中さんを含め全て若い方ばかりなので、無いものねだりかもしれません。
ラストは予想通り「友達の詩」で締めくくられコンサートは終了したのでした。彼の思いの丈の詰まったような歌い方ではなくなった様に感じましたが、こちらの彼女に抱くイメージ先行のせいかもしれません。
中さんの魅力を存分に感じれたコンサートでした。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード