fc2ブログ

大昔の真空管アンプとトランジスターアンプ

真空管がアンプの増幅素子の担い手だった頃に現れ始めたトランジスターアンプは真空管アンプの回路をそのまま半導体素子に置か換えたような回路のものでした。
真空管パワーアンプの出力トランスのような高電圧が掛からずインピーダンス比も少なかったため小型のものが使われていました。

やがてパワートランジスタを使ったエミッターフォロア出力段が採用されるようになると出力インピーダンスはスピーカーのインピーダンスを下回るようになり出力トランス不要のOUTPUT TRANS LESS=OTLアンプがトランジスターアンプの主流になっていきました。

ここではアンプの音質よりトランスコストの掛からないメリットを選択したアンプメーカーが真空管からトランジスターに軸足を移したことを記しておきます。

コストメリットに加えて真空管には必須のヒーター電源が不要な上に寿命が長くサイズが小さいというメーカーにとって多くのメリットがあり徐々にメーカーアンプの殆どはトランジスターアンプになってしまいました。

コンソール型のステレオ装置の頃はまだ真空管が中に収まっていましたが、セパレートステレオ装置が広まる頃にはトランジスターアンプが主流になり「〇球」という言葉に代えて「〇石」、「〇Tr」などという表示がチューナーの窓の端に数字があったような気がします。

随分前の話を持ち出したのはその頃のトランジスターアンプの回路は過去のものとなりましたが、真空管アンプの回路は実際のところ「十年一日の如し」どころか化石のごとく進化が止まっていることを記したかったのだとご理解ください。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード