FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真空管アンプのグラウンド

グラウンドのワンポイント化はノイズの混入を避けるだけでなく各増幅段のグラウンド同士の干渉を避けることにつながるため音楽表現が高まるのでございます。
真空管アンプでは自作アンプからブランドになったメーカーまでがアース母線式配線やアンプ筐体をアースと見なして真空管ソケットやトランス取り付けネジ部を流用して実装部品のグラウンド端をシャシーに落とすマルチポイントアースを採用しております。
アース母線式配線もマルチポイントアースもアース=グラウンドは0V、0Ωであるというお題目に基づいた手法であるため現実的には実装されたコンデンサーや抵抗器のグラウンド端にあるリード線や配線材の抵抗分による信号=グラウンド信号が発生します。
これらのグラウンド信号が直接電源グラウンド=グラウンドポイントに戻れば自然な音質となりますが、アース母線式配線やマルチポイントアースではグラウンド端同士が互いに影響を与え合いながらグラウンドポイントに戻ることになります。

三極管ではグリッドに入力された信号のグリッド抵抗器のグラウンド端と動作バイアスを与えるカソード抵抗器のグラウンド端にグラウンド信号が発生します。
電圧のかかるプレートにはグラウンドポイントの支店のようなパスコンがあり電源ラインに乗ったノイズを吸収する働きを担っておりますがグラウンド端では誘電体の先が電源ラインであるため去来するグラウンド信号を収斂する働きは期待できません。
単管動作においてもそれぞれのグラウンド端を介したグラウンド信号の絡み合いがある上に初段、ドライブ段、出力段という増幅回路に加えて電源の整流平滑回路のグラウンド端が絡みあっている真空管アンプではすべてのグラウンド端をダイレクトにグラウンドポイントに戻さなければ互いに干渉しあって特有の癖を持つことになります。

もっとも「特有の癖」によるフォーカスの合わない音は人によっては不自然な響きを齎すものの人によっては「夜目遠目傘の内」という言葉があるようにぼんやりしているが故に美しく見えたりするのがオーディオの趣味としての拡がりでもあるのでございます。
実はグラウンドのワンポイント化と放射状サーキットパターンを実現している真空管アンプは極少数であるためほとんど聴き比べる機会が無いあたりを拙の怠慢とされると謝るしかないのでございます。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。