FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネーミング

テクノクラフトオーディオデザインの機器は「MODEL○○」と名付けています。

米国マランツとマークレビンソンがそのようなネーミングをしていました。
リリースした順にカテゴリーと関係なくNo.1から名付けていく姿勢は無限の可能性を感じさせてくれるので一番好きなネーミングです。

モデル番号の前にアルファベットを付けるケースも良く見ます。
マッキントッシュはアルファベットと番号の組み合わせになっていました。
プリアンプはCの後についた数字が開発順になっていますが、カテゴリーはC=多分コントロールアンプでの開発順にはなっていますがマランツ等のように全ての機器に渡る開発順にはなっていません。
パワーアンプはアンプの出力値をネーミングとしていました。
モノーラルアンプはMC(多分マッキントッシュの略称?)の後に出力値を付けており、ステレオは2chの意味あいから2をつけて後ろに出力値を付けていました。
ステレオの25WアンプはMC225を、40WはMC240、一番有名になったMC275は2chアンプで片チャンネルが75Wのパワーアンプであることをネーミングで示していました。

欧州系は車のように独立した名前が付いている印象があります。
イタリアのオーディオアナログやユニゾンリサーチ、英国のタンノイやリン、ロクサンも機器毎に呼び名を与えています。
実は拙も京都の地名を呼び名にしようと考えましたが、「嵯峨」や「醍醐」位しか浮かば無いので止めました。

国産機はアルファベットでカテゴリーを示して数字でグレードを示すのが多いように思います。
カテゴリー表示は連綿と続いているようですが、後ろ側の数字の表示に一貫性がなくその時どきのグレードが適当に付けられているのが多いように感じます。

拙の作る機器のネーミングは二桁目は開発順ですが、一桁目はカテゴリーとなっています。

1:プリアンプ
2:ステレオパワーアンプ
3:モノーラルパワーアンプ
4:フォノイコライザー
5:D/Aコンバータ
6:パッシブコントローラ
7:プリメインアンプ

となっています。
今回リリースした「MODEL51」は開発番号5のプリアンプですので「51」、「MODEL52」は同じく開発番号5にステレオパワーアンプの2をつけて「52」となっています。

「MODEL5X」シリーズはツートーンカラーとアクリルパネルを採用しました。
デザインに拘ってしまう質なのでどうしてもアルミフロントパネルと鉄板ボンネット構成に馴染めません。
今までに無いデザインでリビングルームに置かれて品の良いものを考えてしまいます。
回路のように聴感やオシロ、測定器では決められない範疇ですので決めるのに時間が掛かり気味です。

もっともネーミングは自動的に決まるので「MODEL○○」と名付けたのは良かったと自賛しておるのでございます。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。