FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広瀬洋一著 西荻窪の古本屋さん 音羽館の日々と仕事

テレビを見る習慣が無い拙は夕食時にはラジオを聴くことを常としております。
昨日もスイッチを入れると日本シリーズとかで野球実況放送が聞こえてくる。
野球に興味が無いのでこういうときはFMに変えてみるか、youtubeを聴くことにしているのだが、試聴のお客さまとさっきまで色々なジャンルの音楽を聴いていたせいかどうにも耳が受け付けない。
久し振りに音の無い食事をしていると、そう言えば東京のお客さまが本を上梓されて寄贈して頂いていたのを思い出した。
このところ新しい基板のデータ照合確認と基板組み上げに追われていたため回路図面の用紙の中に埋もれさせていたのを拝読させていただくことにする。

画像ブログ、ニュース用20131030 002-01

文章は氏の語り口調のままであり控えめではあるが読み入らせてくれる。
読み進むうちに拙と弊社の事が記されていることに気がついて少し驚かされる。
付箋とは思わずにいたのだがここに記してあるよと教えてくれていたのである。無視していた様な感じにも取られる行いの悪さを感じたが、過ぎたことは考えても仕方ないので先に進む。
その時は氏と「風信子亭」マスターの坂田さん、拙の三人で食事をしたのだが、まさにその時に感じた彼の人となりそのままの文章であり、堅実な生き方と関東人ぽいストレートな語り口が心地良かったことを思い出した。

木屋町三条の名曲喫茶「風信子亭」に「MODEL37Ⅱ」と「MODEL45」の導入を推してくださったのも著者の広瀬洋一氏である。製品の音質を評価してくださり、購入していただいた上に自称「弟子」の恩師さまに推挙していただき感謝に堪えない方である。
サブタイトル通りの古本屋さんの日常風景が記されているが、西荻窪という地にお店を開いて所帯を持ってこられた氏の半生記であり交友録でもある。
控え目な言い回しなのだが、右肩下がりの時代である2000年から古書店を営んで来られた自負に溢れており、その苦労もまた楽しまれていることが伝わってくる。氏が中心的メンバーとなられているイベントグループ主宰の「西荻ブックマーク」への情熱とその発展振りには「なにかの采配」の存在を感じさせてくれる。
懸命な人には「何か」がやってきて意図しないところで「何か」が起きるのだと良く感じるが、その「何か」に委ねることが大切なのだと良く思う。
失敗談や日々の苦労と共に人とのつながりや「西荻窪」という土地柄が描かれているのだが、考え、実践し、続けて行くことの大変さと喜びには拙の日々とも重なるものがあり共感させられた。
同時に人との接点の少なさに拙の側の改善点を見出だした本でもありました。

淡々とした中にも温かく緩やかな空気を感じさせてくれる本です。

「風信子亭」開店に至る経緯や氏の音楽とのかかわり、お気に入りのアルバム紹介もされておりますので、ご興味のある方はこちらに「西荻ブックマーク」の事や本の記事があります。
また本の雑誌のWEBサイトにも紹介されています。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。