FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〈現代アンプ私論⑧〉 「アナログレコードとデジタルディスク」

CDにはアナログレコードにあった再生に都合の良い事情がありません。

マスターテープからAD変換したものやマイクロフォン以降をすべてデジタルプロセス化したものは収録マイクロフォンの無反応域が露わになっているために、CDプレーヤーとトランジスターアンプで再生するとグラウンド干渉歪みが加わり固くて平面的な鳴りかたを味わう結果になります。

アナログレコードの良さは真空管アンプドライブカッティングマシンによるマイクロフォンの無反応域の補償に加えて、アナログレコード自体が抱えている事情にあるのです。
左右チャンネル分離の不完全さは「色の白さは七難隠す」ではありませんがグラウンド干渉歪みを目立たせないばかりか、左右チャンネルの信号干渉によるモノーラルレコードのような奥行き感までも感じさせてくれる良さにあります。

このような切り口をするとアナログレコード礼賛だと思われては困るのですが、CDの良さとアナログレコードの良さは違うものであると理解していただきたいのです。

アナログレコードの良さは製品化プロセスの都合による「音色」の良さであり、モノーラルっぽさによる奥行き表現なのです。
CDの良さは左右の信号分離の良さとグラウンド分離で得られる演奏空間の再現にあると言ってよいでしょう。
それぞれに良さとその根拠があるものだとします。
オーディオに良く見られるデジタル/アナログや真空管/トランジスターなどという二者択一的な論調がいつも浅薄な根拠に基づくように感じるのですが、拙もまたそのような論調になっているとのご批判もあると思いますので次に進めます。

グラウンド分離はCDの再生のみならず、アナログレコードの再生にデュアルモノーラルフォノイコライザーアンプを使うと異次元の奥行きが味わえることから左右チャンネルの分離が不完全であってもグラウンドの分離は有効な技術だと思います。
フォノイコライザーアンプの増幅回路はmVオーダーの微小電圧の増幅を行うため、スピーカー駆動電圧までさらに増幅させるとCDの再生よりも左右アースの分離効果が効いてくると考えられます。

デュアルモノーラル真空管アンプを用いた再生がアナログレコード、CDソフト共に有効であるのは拙論で記した通りですが、付け加えるとトランジスターアンプも設計次第で音楽性の確保ができます。

弊社の真空管ハイブリッドアンプ回路にはスピーカーの過制動を抑える工夫を施しております。
トランジスターアンプの特徴である「駆動力」を緩めてしまうことから設計試作時に一寸悩んだ部分ですが、音楽を聴けば結果の正しさがわかります。
真空管アンプでカッティングマシンを駆動したアナログレコードだけは「駆動力」が高めのトランジスターアンプでも鳴りますが、それ以降のプロセスで作られたアナログレコードやデジタルディスクの再生には真空管アンプでの再生或いは「過制動」を抑えたトランジスターアンプに分があります。

デュアルモノーラルフォノイコライザーアンプとデュアルコアD/Aコンバータの良さは実際に聴いていただければ多くの方に納得していただけるので試聴依頼を待つこととします。

検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。