スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高槻ジャズストリート①

ゴールデンウィークに毎年恒例の高槻ジャズストリートに行ってきました。

ブログ用画像20120810 010パンフ


10:00からとのことでしたので、11:00前にはに高槻に着きました。
駅前で配られているパンフレットを手にしてどう聴いて廻るかと思案するのも楽しみの一つです。
表紙には10:00からとなっていますが、中を見るとどのプログラムも12:00あるいは13:00からとなっています。
おかしいなと思いながら良く見ると高槻城跡公園だけは午前から演奏があるようです。

やはりジャズストリートはお祭りなので大きなステージと飲食が出来る城跡公園に行きました。

ブログ用画像20120810 011パンフ中


プログラムは縦軸が時間帯、横軸が会場になっています。
穐吉敏子、中本マリ、リー・コニッツなどの大御所は名前だけでわかりますが、700以上も参加しているユニット名などではさっぱりジャンルやメンバーがわからないので、プログラムふられた番号を頼りに中ほどに記されたユニット名でジャンルやミュージシャンを見ます。
聴きたかったミュージシャンが当日演奏しないとわかって少し残念でしたが、沢山のミュージシャンが参加しているのであたりをつけて会場を回ります。


ブログ用画像20120810 012公園

プロやセミプロばかりではなく中学や高校の吹奏楽部のエントリーもあり沢山の楽器を手にした人達がいました。

ブログ用画像20120810 015公園2


椅子とテーブルのある場所はすべてお客さんで埋まり、周りの芝生もレジャーシートを広げたグループでいっぱいでした。
食べ物を販売しているところはどれも長蛇の列でお祭りらしさを感じさせてくれます。
当日は天気に恵まれてまさに行楽日和でしたが、気温は3月下旬から4月上旬あたりだったようでかなり寒い日でした。

この会場周辺は大きな会場があるのですが、いずれも長蛇の列でした。

多分宇崎竜童、リー・コニッツを目当ての人達なのでしょうが、どのプログラムも1時間ごとに変わってしまうので並んでいては他のプログラムが聴けなくなります。
お昼になったので、食事と麦酒がいただけるお店を探して他の会場に向かいました。

ジャズファンがこんなに多いとは信じがたいほどの人波をかき分けての移動に何故にジャズ喫茶が無くなってしまったのかと感じてしまいました。
しかしこれだけ沢山のお客さんを集めてイベントとして運営されているスタッフやボランティアには頭が下がります。


検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。