FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Classic Club「風信子亭」の新しいオーディオ機器

京都の新しい名曲喫茶「風信子亭」(ひやしんすてい)さまのステレオ機器に弊社製品のデュアルコアD/Aコンバータ「MODEL45」と真空管ハイブリッドプリメインアンプ「MODEL37Ⅱ」が採用されました。

風信子亭アンプ


「風信子亭」主人の坂田博見氏から早急に購入をしたいとのメールが届きました。
弊社製品はすべて受注生産のため、実働20日間の納期を頂きたい旨と、「風信子亭」にて直ぐにご入り用ならば納品までは試聴機をお使いくださいとのメールをお返ししました。
お電話を差し上げるところですが、携帯禁止の「風信子亭」の主人がお客さまの前で携帯に出られても良くないだろうとメールにしたのでございます。

この冬に「MODEL45」と「MODEL57」の試聴をして頂きましたが、「MODEL37Ⅱ」の試聴はしていただいていませんでしたので、もしかすると「MODEL37Ⅱ」と「MODEL57」を思い違いされているのでは?との思いからご指定の日時に「57」も載せて行きました。

満面の笑顔でお迎えくださり、「わざわざありがとうございます」の挨拶もそこそこにすぐに聴いて頂くことになりました。
「MODEL45」を先ず繋いで頂き、「MODEL37Ⅱ」を箱から出した時に「こんなに小さいの?」との感想が口から漏れました。
初見であることが分かるとなにやら不安に襲われました。
一度も聴かれたことが無いようなのです。

店内の機器はいずれも「どれも聴いて選び抜いたものです」との主人の言葉にそぐわない状況での音出しに相成りました。
果たしてどんな言葉が口から出るのか?

風信子亭スピーカー


楽曲が始まると再びの満面の笑顔!
こちらが安心した瞬間「素晴らしい!」と仰って頂きました。
人並みはずれた聴覚記憶をお持ちで「聴楽師」(ききし)と称されている主人に認められました。
なんでも「風信子亭」のお客さまからの推挙があったので「MODEL37Ⅱ」に決めたとのこと。
ありがたいことです。お客さまに感謝します。

「37Ⅱ」の内部照明と「45」のパイロットランプのカラーをピュアグリーンLEDとしたものを納品させて頂くことになりました。

「風信子亭」に寄られた折に「MODEL37Ⅱ」が掲載した写真通りのオレンジ色に光っていたなら、まだ試聴機のままですが、緑色に変わっていればご注文を頂いた「MODEL37Ⅱ」なのです。

名曲喫茶ですが、主人が良いと認めた音源は「音楽にはジャンルはない」と言われるだけあり、ジャズやポップスの名盤もありますし、音楽に縁のある映画のディスクも網羅されております。

是非「風信子亭」に脚をお運びください。
今のところ、まだお客さまが多くないようですので他のお客さまに遠慮することなく店内に置かれた気になるディスクのリクエストやマスターお薦めのソースを尋ねれば応えて頂けると思います。

風信子亭棚.


主人のその時の感想は4月27日付けの「Classic Club風信子亭」のブログ「三位一体」に記されていますのでそちらも是非覗いてみてください。

検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。