スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログプレーヤー点検

昨日はお客さんに呼ばれてアナログプレーヤーのノイズ対策に行きました。
重さ500キロとの防音ドアを開けて入れていただくとJBLのD123がフルレンジでバランス良く鳴っていました。
しかし通奏低音ならぬ通奏ハム音が楽音の底に流れています。
氏は電源アースを大地に落とす3ピンコンセントを部屋に引き込んでおられますので電源アースにオシロのアースを取ってプレーヤーのシャシーにプローブを当てると不思議なことに60Hz150Vppの信号が観測できます。
強制的にシャシーアースを電源アースに取ると僅かに火花が出るもののほぼ0Vに落ち着きます。
しかし通奏ハム音+モーター音のような音には変化がありません。
このアナログプレーヤーは専用フォノイコライザーを内蔵するために通常のフォノイコライザーアンプが使えません。
トーンアームのグラウンド不良気味の音とフォノイコライザーアンプのトラブルの可能性に加えてモーター音の発する回転ノイズが、混ざったようなハム音が常について回っているのです。

20120716-01.jpg

ドイツ製で50年選手という強者ですが実働年数は僅かと思われるほど綺麗な状態です。(フォノイコライザーの端子が後ろ側なので置き方が後ろ前になっています)
モーターは専門業者に出されての完全オーバーホールが行われており、アイドラーやターンテーブルスピンドルオイルも新しいものに交換されているので、実に静かで安定した回転をしています。
持参した弊社のMODEL14bにカートリッジ出力を入れることが出来ればハム音はまず出ないと思うのですが、トーンアームの細いケーブルはコネクターで直にフォノイコライザーアンプに繋がっていて一寸手が入りませんでした。
薄いステンレスパネルかなにかでケーブル類を保護しながらの半田ゴテ作業でないと焼損してしまうのでやめました。

20120716-02.jpg

専用フォノイコライザーの出力トランスの仕様がわからないので、元から付いている出力端子のRCAケーブルグラウンド側をハム音が小さくなるポイントに接続して実用範囲としました。
内蔵フォノイコライザーを使う以上バランスアンプで受けないと正確な伝送にならないので、次回はバランスアンプの試作機を作って持って行くことにしました。

20120716-03.jpg

当日の一番の成果は拙がプレーヤーの点検にかかっている間に、氏が山水の純正キャビネットに取り付けられていたフルレンジをウーハーとホーンドライバーの2ウェイユニットとネットワークに替えられており、後で一緒にスピーカー調整を行った結果、実にストレスの無い音が出るようになったことです。
ウーハーコーン紙が全くの新品(15年ほど前に両チャンネル共にコーン紙交換されたまま封入されていました)なので低域は不足気味ですが、ホーンドライバーとの繋がりが良くて実に魅力的な音がします。
高能率スピーカー特有の解放的な音は現在主流の低能率高精細系とは異なった良さを感じさせてくれます。
純正キャビネットの七宝格子は欠けもなく、とても50年も経っている様には見えません。(スピーカー台は有り合せのものです)

20120716-04.jpg

動作テスト用にMODEL57を持っていきました。スピーカーも触るとの案内があったのでiPodの使えるMODEL37Ⅱiも用意しました。
MODEL57は最初に繋がっていたアンプよりスピーカーとの相性が良いとほめていただきました。

スポンサーサイト

ナスペックさま訪問

ナスペックさまはダールジールやジョセフオーディオ、プライマー等々のハイエンドブランドを扱っておられる輸入オーディオ商社さんです。
昨秋少し伝手がありましたので一度弊社製品を試聴してくださいとオファーをしておりましたが、昨日お時間を取って頂けることになりました。
京都から車で1時間半ほどの大垣インターを降りて岐阜市方面に向かいました。
片道3車線ある道路を東に向かって走り、長良川にかかる大きな橋にさしかかるとホームページで拝見したナスペック社の五階建てのビルが目に入り迷うことなく到着できました。

20120712-07.jpg

立派な玄関前にはハイエンドオーディオブランドが掲げてありました。
台車を借りて載せると社員さんがエレベーターで試聴室に運んでくれました。
試聴室は2階に用意されており、30畳近い大きさでした。
スピーカーのセッティングも任せていただきましたので、出来るだけ前へ出してスピーカーケーブルが届くぎりぎりまで左右に広げました。

20120712-05.jpg


営業統括部長 大中氏と業務部 高槻氏がお相手をしてくださいました。
(大中部長は温和なお顔立ちですが、黙って聴いておられると威圧感を感じます)
輸入オーディオ商社さんが京都のガレージメーカーをどのように判断されるのかはともかく、少しでも多くの方にグラウンドアイソレーションの音質を聴いていただきたい一心で寄せていただきました。

20120712-01.jpg


ラインナップは入り口からオンキヨーデジタルメディアトランスポートND-S10モディファイ機MOD-10
デュアルコア真空管D/AコンバータMODEL15b試作機
デュアルモノーラル真空管プリアンプMODEL11a
デュアルモノーラル真空管パワーアンプMODEL12af
スピーカーはナスペック社のリファレンススピーカー ジョセフオーディオ PULSARでした。
プライマーの新製品ブルーレイプレーヤーやダールジールのプリアンプが備えてありました。

20120712-04.jpg

弊社のiPodと大中部長のiPhoneが音源です。
スピーカーを左右に広げると全面中央部は吸音する方が良いのですが、部屋の大きさのためか中央の空間に演奏空間が現れてくれました。
グラウンドアイソレーション回路、なかでもデュアルコアD/Aコンバータの特長を中心に聴いていただきました。

20120712-02.jpg

MODEL57もお願いして試聴していただきました。

「大中さま、高槻さまお忙しい中、弊社製品の試聴のためにお時間を割いていただきありがとうございました。」

大変残念なことに当日は社長さんに試聴していただけませんでしたので、新リファレンスシリーズを置いて帰りました。
来週にでも再度寄せていただいて直接製品説明をと思っているのでございます。

オーディオイベントVol.1

昨日テクノクラフトオーディオイベントVol.1を開催しました。

20120709-05.jpg

お集まりいただいた皆様ありがとうございました。
モデルルーム常設のスピーカーに加えてレッドローズミュージックの「ムーンリバー」を用意しました。

20120709-06.jpg

グラウンドアイソレーションの音質と通常のグラウンドが共通の機器の差をデュアルコアD/AコンバータのRAC端子アース側にタブを取り付けて、ワニ口ケーブルで導通をさせたり離したりして聴いていただきました。

拙を除いて9人の方に聴いていただくことが出来ました。「音色」で聞かせるオーディオ機器ではなく演奏空間を実感していただける機器ですので、どの位置でも確認していただくには無理がありました。時間を区切って2回の開催としても良いかと感じました。

20120709-07.jpg


iPodで操作するNASシステムが構築された非日常的な住空間でのイベントは参加していただいた方々に強い印象を与えてくれたようです。拙が初めてモデルルームにお邪魔させていただいた驚きを、参加された皆さん方も感じられたのだと思います。
拙の滑舌の良くない解説にお付き合いくださった皆さまありがとうございました。定期的なイベントにしてゆく予定ですのでよろしくお願いします。

20120709-08.jpg

当初D/AコンバータはMODEL15af(MODEL15aのオールフィルムコンデンサーバージョン)を使う予定でしたが、アイソレーションと非アイソレーションの差がより出ることから試作機でのデモとしました。(上側が試作デュアルコアD/Aコンバータ 次期プリアンプとして開発した新回路のアンプを搭載しています)
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。