押し引き増幅器


あえて押し引き増幅器などと申しましたが、巷でいうプッシュプルアンプの事でござ
います。

押して引くなどと聞きますれば、ひとり鋸歯が行たり来たりしているように聞こえま
すが、アンプでいう押して引くと言っておるのはいわばシーソーのようなもので、相
手の蹴り上げた力で此方が下がれば、此方も蹴り上げて相手を下げ再び相手に蹴り上
げて貰うようなことを言っているのでございます。

元々アンプは自分ひとりで鋸をひくように押して引いていたのでした。

賢い御仁が端から眺めて気がつかれたのでしょう、ふたり居れば互いに押し合うだけ
で引く必要は無いのではないかと‥‥。

確かに自転車のペダルは両の脚でもって踏むだけで前へ進みますが踏んでいるだけ
で引いたりはいたしません。
片脚で自転車を漕いで走るのは考えてだけで骨が折れると誰しも思うのでございます。

しかしアンプは糸車や石臼のように一本の腕でくるくる回して動くものでして、片脚では
漕ぎづらい自転車ではございません。
ふたりで踏ませますと引く力が要らない分、楽をさせてやれるのですが、その分二倍の力で押させるようにさせたのが味噌でございます。

引かなくて良いから二倍の力で押させることにして、ふたりでさせるようにいたしま
すと、都合四倍の力とあいなるわけです。

この発明は一本の真空管で押し引きさせていたのではトーキー映画には力不足になっ
たことから生まれたのですが、ウサギ小屋と揶揄される狭い日本の住環境では二本の
真空管に押し引きさせなくとも充分な量なのです。

旅館の大広間のような居間にお住まいの方には申しませんが、市井の市民には押し引き増幅器は過ぎたるはなんとかではないかだと思ったりするわけでございます。

なによりふたりでひとつの仕事をさせますので、息が合わない事が露わになったりい
たします。
数値は高いものが得られますが、音楽性を求めるとなかなか難しいものがあるのが押
し引き増幅器でございます。

人間には都合がそれぞれにございまして同じ事をしても感じるものが違ったりしま
す。
同じ仕事を同じようにしていてもです、一方には照りつける西日が差し、もう一方は
日陰の上に窓から風も抜ける夏場の仕事上がりなれば「一緒だね」とはならんと思う
わけでございます。
逆に何から何までそっくりだと、突っかかる所や気に入らない所が一緒ですので、す
ぐに「やってられないな」となるのではないでしょうか。

人の琴線に触れるような音質はひとりで押し引きするシングルアンプに歩があるので
ございます。

と言いながらも、自慢の出来るプッシュプルアンプができますと言うとシングルアン
プも良いのですが、此方もなかなかのものでございますとやはり言うことにしているのです。

タワー


この間ラヂオを聴いておりますとタワー評論家なる御仁が出ておられました。

100のタワーというのですか塔というのですかに登られてのご意見本を書かれて上梓されたそうでございます。

タワーは高いモノを指す言葉だそうでございまして、高いビルヂングの事もタワーと言うのだそうでございます。
ですから高層ビルヂング内のパニック映画に「タワーリングインフェルノ」などというタイトルが付くようでございます。

我が国では裾広がりの電波塔こそがタワーだと譲らない人が居るのだそうでございますで、「タワーリングインフェルノ」のタワーはタワーでは無いとも言われておるそうでございます。

元来高所恐怖症な私めには無縁の世界の話を聞いておったのでございます。

京都タワーの話も出まして関東のお方なのでしょう、あれはなかなかいいタワーだなんてなご意見が出ました折りには苦笑してしまったのでございます。

神戸のポートタワーは鼓を長く伸ばしたような形をしておりまして裾広がりで襟広がりとでも言いますか、中手が狭くなっておりますので頭がでかいデザインですなんてな話が出たのでございます。

司会進行役の松尾貴史氏があれは不思議な体験をするタワーだとお続けになりますと言うと、私めの高所恐怖症に至った経緯を思い出したのでございます。

普通上を見上げますと先っぽほど細くなるのが建物でございます。
ポートタワーに近づいて行きますというと、同じ幅ですっくと建つビルヂングでさえ上が狭く見えるものですが、途中から上が広がって見えるので頭の方が圧し掛かるように見えるので怖いタワーだと言うのでございます。

私め実はそのポートタワーに登ってからというものの高所恐怖症になったのでございます。

子供の頃でしょう。
学校に上がっていたのかどうかさえ定かではありませんが、周りに建物が無い港に建っているポートタワーを見ながら親に連れられて近づいて行ったのでしょう。

まさに上半分が倒れるように見えたと感じたように思い出したのです。

エレベーターから降りた展望台の窓際に出ますと頭の方が下より太いものですから足下はえぐられたように感じた記憶が蘇ったのでございます。

そして倒れる様に感じて半ばパニックに陥っていた記憶が蘇ったのです。
「大人の人は気づかないだろうけれど、ボクは倒れつつあることを知っているのだぞ」と思ったのでしょう。
足は震える、背中は塔の中心に近い壁にぴったりくっつけて離れられない、倒れつつあるので倒れる後ろ側に回らなければ死んでしまうと本気で思っていたことを思い出したのでございます。

ポートタワーを降りてから先は高所恐怖症と一心同体てな言い方は変ではございますが、怖いと思うもなにも、ただただ怖いだけに支配されるようになったのでございます。

東京のオーディオショーかなにかでラックスマンさんが会場とは別に専用試聴ブースをサンシャイン60の三十数階に設けられていたのでございます。
高所恐怖症だという自覚はあるのではございますが、大枚叩いてお江戸までやって来たのでなんとしても聴いてみようと思いもするのでございます。
普通のビルヂングの上で催されるビアガーデンも30分ほどで自分を言い聞かせて我慢できるようになりますので、なるたけ気にせず「大丈夫、大丈夫」と念じて足元だけを見てエレベーターに乗り込むことにしたのでございます。

乗り口フロアと降りたフロアは共柄の分厚い絨毯が引かれ、同じような内装デザインでしたのでエレベーターに乗ったところにまた降りただけだと自分を騙しまして、「高いところに来てはいない、低いところに居る」のだといい聞かせて試聴ブースに向かったのでございます。

エレベーターフロアから試聴ブースに移動して目にしてしまったのが、全面ガラスで眼下に普通のビルヂングが遥か下に見える廊下でした。

一緒に行った方が私めの顔を覗いてびっくりして言ったのでございます。

「大丈夫か?顔が真っ青やで!」

ポートタワーとサンシャイン60で感じた恐怖は思い出すだけで今も寒気を感じるのでございます。

おかげさまでお化け、物の怪の類いは気色悪いとは思いますが、高いところと比べればどうもないものの部類になったのでございます。

十年

テクノクラフトオーディオデザインが始まりまして今日十年経ったのでございます。

一年掛かりで作り上げた第一号機「MODEL1」から音が出た時の感激は忘れられません。
更に一年掛かりで「MODEL1a」を新規筐体設計と新規基板で作るという大胆なことをしでかしまして高い授業料を払うという事もいたしました。
その後「MODEL11」とペアになるパワーアンプ「MODEL12」をもちましてMJ誌テクノロジーオブザイヤーを頂いたのでございます。
もはや「懐かしいな」とも思えますが、真空管パワーアンプは「MODEL12」から先まったくリリースしていないのでございますから、最新作であり続けておるわけでございます。

逆に言いますと真空管アンプメーカーでありながら真空管パワーアンプが一機種しかないという不細工なことをしでかしているわけでございます。
更に付け加えますと真空管プリメインアンプがラインナップに無いまま、世界で唯一のデュアルコアD/Aコンバータを開発したり、オールFETフォノイコライザーを開発してみたりしているのでございます。

真空管アンプとは異なる方向にも力を注いだのはグラウンドアイソレーションこそがオーディオの基幹に関わる肝心要であることを知らしめるためにはもっとも効果的ではないかいな?と思ったからでございます。

真空管だけにこだわれば「MODEL45」はMJ誌テクノロジーオブザイヤーの優秀賞を頂く栄誉には至らなかったのでございますから、余所さんには無い物作りこそが大事だと思うわけでございます。

グラウンドアイソレーションこそが音楽を奏でる基幹であるとするからには、初めての真空管プリメインアンプはその理屈通りのものにならなければならんのでございます。

「MODEL1」や「MODEL1a」に掛かってしまった手探りの一年と比べれば、十周年記念機とも言える「MODEL57」は狙い定めた着地点に辿り着くための一年となった訳でございます。

電解コンデンサーの音質の悪さを克服するための十年でもございました。
「MODEL1」から「MODEL45」までは電源に出来るだけ電解コンデンサーを使わない設計を貫き通して、余所さんにはない音楽を奏でるアンプを作って参りましたが、フィルムコンデンサーを電源に使うと原価が一桁以上高いためにどうにもお安くならないのでございます。

何とかの一念岩をも通すといいますが、まさに電解コンデンサーを使わんがために音楽を奏でる音質に辿り着けなかった暗闇の中に一筋の光が降り注ぐように「RNS」というアイデアが浮かんだのでございます。

そのような道程を経て完成した「MODEL57」をもって設立十年の出発点とするのでございます。
音質は一桁高いものをも凌ぎますので実質的な部品の使いこなし方は余所さんの百倍もあるのでございます。

十年の成果が刻み込まれた「MODEL57」の宜しくのご試聴を賜りたいと願うわけでございます。

暴れん坊

昨今はオーディオと呼んでいますステレオでございますが、昔はモノーラルと申しまして一つのスピーカーで音楽を楽しんだのでございます。

さらに昔の事になりますと蓄音機を用いましてレコード盤を聴いてたのだそうでございますが、電気を使わずに物理的にレコード盤の溝に刻んだ痕跡を喇叭で拡大して聴くと言う、究極のエコサウンドでありました。

レコード盤に音楽を刻むために歌い手さんや伴奏される方は逆に大きな喇叭の前で演奏して音楽を溝に刻み込んだんやそうでございます。
録音のことを「吹き込み」てなことを言いますが、まさに演奏をレコード盤に吹き込むように刻み込んだのでございます。
歌い手は手前に伴奏はその後ろへ控えて演奏しますと、その距離の差もレコード盤の溝に刻まれたのでございます。

時代は移り変わりレコード盤を電気で再生する電気蓄音機の時代を迎えますと、喇叭はスピーカーに取って変わりまして、スピーカーを鳴らすアンプが要るようになります。

そこで今回のお題に結びつきます信号とアース=グラウンドがいよいよ表舞台へ出て参ったのでございます。

ひとつの信号に対してグラウンドがひとつの言わば夫婦とは言いませんが、対になってアンプと言うお仕事をいたしましてスピーカーを鳴らしていたわけでございます。
音源は蓄音機時代と同じくひとつでございましたが、スピーカーの向こう側に音楽空間を聴いておりました。

信号には必ずグラウンドと言う連れ合いが要るのでございます。

試しに電源を入れっぱなしにして両チャンネルのピンジャックをゆっくり抜きますと信号側が先に離れますと問題は起きませんが、信号側がつながった状態でグラウンド=アースが離れた瞬間、二度とスピーカーから音が出なくなる程の雑音を聴くことが出来るのでございます。
信号という奴は誠にグラウンドという連れ合いなしには仕事をしないどころか訪ねた先を壊してしまうほど手の着けられない暴れん坊なのでございます。

暴れん坊を丸く治めるグラウンドとの一対の良好な関係は電気蓄音機が世の中に広がるほど長らく続いていたのでございますが、ある日を境にもう一つの信号が同居をすることになるのでございます。

と言いますのは、グラウンドは懐の深いお方でありまして、おふた方どころか調整卓というところに行きますと数えられないほどのお相手でもこなしてしまわれるのでございますのでもう一つくらい同居させても構わんだろうとなったわけで、ステレオ時代がやって来るのでございます。

しかし元々一対であったものでございますからして、同居される上にグラウンドがそちらのお相手もするなどとなりますとやはり割を喰うわけでございます。

信号と対になって働くのがグラウンドの役目ですので同居する側が行たり来たりするとグラウンドも合わせて行たり来たりしますのでアンプ箱の中にアース母線なる廊下があったりしますと、ぶつかったり避けたりせんといかんわけでございます。

同居した側に取りましても、対でなければスピーカーを壊すほどの生来の暴れん坊だと承知の上の同居であるにも関わらず、何故に対になるグラウンドを独り前与えられずに母屋の借り物で済まして仕事をさせらるのかと不機嫌になるのでございます。

そうなりますとお互いが遠慮をするのか、果てまた相手と関わりを絶とうとするのか、本来の音楽を鳴らす仕事を忘れて己が持ち分のチャンネルだけを鳴らしてお仕舞いにしようとするのでございます。

こうして左右のグラウンドラインが重なるステレオはいかにもスピーカーが鳴っている風になってしまうのであります。

昔のようにグラウンドと一対一で仕事をさせてくれるなら音楽を鳴らしてさしあげるのになと、信号は言っておりますが皮肉なことにスピーカーを鳴らしてしまうオーディオは我が身の保身のためでしょう、そんな声を一切出しませんのでマニアと呼ばれておる方々は音楽に口をつぐむ機器相手に今日もどこかで格闘されておられるのでございます。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード