スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MODEL5Xシリーズのパワーアンプ

真空管シングルアンプは出力真空管一本で音楽信号をスピーカーに送るA級動作アンプとなります。一本ですからシングルと呼ばれています。
真空管プッシュプルアンプは出力真空管二本あるいは2ユニットで鳴らしますからA級動作だけでなく音楽信号を半分ずつ受け持たせて増幅するB級動作アンプにすることでパワーを稼ぐことが出来ます。

半導体プッシュプルアンプはシングルエンドプッシュプル(SEPP)アンプと呼ばれるものですが通常の真空管プッシュプルアンプはダブルエンドプッシュプル(DEPP)アンプといいます。
ひとつの出力トランスに電源とつながるところが1ヵ所、真空管につながるところが2ヶ所あるDEPPアンプはシングルアンプと比べて出力増だけでなく、ハムノイズの低減や出力トランスの小型化が容易にできます。

MODEL12はSEPP回路を採用して出力トランスに直流重畳せず、EL-34の三極管接続動作でシングルアンプの2倍のパワーを得ていますが、他社のDEPPパワーアンプを耳にするとハムノイズと一緒に音楽信号の打ち消しもしているのではと思うことが良くあります。

一方真空管シングルアンプには低音域と中高音域の音質差があるように感じていました。
SEPPのMODEL12にはそのような傾向は見られないので、出力トランスの直流重畳が問題なのかもしれないと思い込んでいましたが、グラウンドへの関与がシングルアンプの方がより大きい事に気づきました。

グラウンド干渉を避けるためにはバランスライン伝送が有利であるのと同じくプッシュプルアンプの動作はグラウンドの影響が目立たなく、シングルアンプの動作はグラウンドとの相関が目立つために低音域が干渉を受け易いのです。

グラウンド干渉の無いデュアルモノーラルアンプとしてアイデア満載?のシングルアンプを組み上げたところデュアルコアD/Aコンバータ同様の新しいオーディオの地平を見る音質にたどり着きました。

MODEL5Xシリーズとして試作したアンプの左右チャンネルのグラウンドを試しにつなぐとありがちなオーディオっぽい空間の無い表現になる事がわかります。

思い込みから抜け出すことでより良い状況になることは色々な場面で遭遇しますが、常識だと思ってしまうとその中に検証されていない思い込みがあることに今回のアンプ試作でも気づかされました。

オーディオに限らずこの世の中いろいろな事件があります。思い込みを排除できればその数も減るでしょうが、頭から信じ込んでいるために事件になってしまっている様にも思うのです。
スポンサーサイト

真空管アンプの歪み率

いつも基板や筐体加工をお願いしている会社の社長さんから「テクノさんは開発が遅いね」と言われます。

弊社以外のお取引先さんは誤動作しなければOKの制御機器系の会社が多いようですが、安定動作を音楽的な音質で提供できなければ価値がないオーディオアンプは誤動作しなければ良いというわけにはいかず一筋縄では行きません。

歪み率を下げれば下げるほど「原音」に近くなると言うのは正しくありません。
歪み率という側面のみを見ればその優劣は数値に出ます。しかし人の耳は歪み率の低さを快感の度合いとして楽しめるわけではありません。
耳の肥えた人には不快とまではいかないものの、それに近いと感じるものです。

人の味覚は純水より山奥の清水の方が美味しいと感じます。
人に必要なナニカが清水に入っていると考えた方が理解が出来ると思います。

人のからだは足りないモノを欲しくなるものです。
汗を沢山かくと塩辛いものが美味しく、疲れると甘いものが美味しいと感じるものなのです。
喉を潤すときにも人に必要なものが清水に入っているのでしょう。

歪み率を下げることはそんな必要なものや不必要なものまで一切合切を切り捨てて得られる数値の良さを愛でることにすぎないと思うのです。

話を裏返せば、半導体アンプより二桁も歪みの多い真空管アンプには必要なナニカと不必要なナニカが沢山?含まれているので未だに求められているのだと思います。
もっとも真空管アンプとひと括りにされると、不必要なナニカが多い他社の製品とテクノクラフトオーディオデザインのものとは音質に雲泥の差があるので要らないものを少なくする努力を忘れてはいけません。

大メーカーは沢山抱えている社員を一堂に集めて大衆の喜ぶ良い音を目指したと聞いたことがあります。
社員さんの殆どは仕事として作ったり、販売しているのであって、勤めている会社の製品に直接の興味は無かったのでしょう。選ばれた音がこれですと得意満面な営業マンが聴かしてくれた音は音楽とはかけ離れた音質だったとのこと。

音楽を奏でるアンプに必要なナニカを人の数では見つけ出せなかったのでしょう。オーディオブームが去ったとみると、数値で優劣をつけやすいAV機器で売り上げを伸ばしてオーディオから撤退してしまいました。
検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。