スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理屋さんの音響 続き

4芯コードはステレオを保証していないようなのでプラ/マイを一組づつ確認することにしました。
まず直列接続すると一階のスピーカーを鳴らさずに鳴っている階段上の二階のスピーカーを一つ外してびっくりしました。

アンプから来ているコードは二階のスピーカーの裏まで届いていましたが、片側だけを直前で分岐して二階のもう一方のスピーカーに繋げてあったのです。
ステレオの片チャンネルだけを二階で鳴らすようにしてあるのです。

さらに一階に1系統と言われて気付かなかったのですが玄関フロアにもステレオスピーカーが設置されていて、こちらも片チャンネルだけで両スピーカーを鳴らす配線になっていました。

直列接続で二階だけが鳴っていると思ったのは階段の先の一階の玄関フロアに置かれていたものを一緒に鳴らしていたのでした。
整理するとなんと二階には有線放送の1系統の片チャンネルだけが送ってあり、一階の玄関フロアにも配されているステレオスピーカーにもう片チャンネルだけが送られていたことになります。一階カウンターには唯一チャンネル別に配線されていたようですが、トイレに送っているものを極性をそのまま繋ぎかえると見事に逆相でした。

トイレへの音響はあきらめていただき、都合3系統のスピーカーを左右分離した上で直列接続して使うことにしましたが、玄関フロアのスピーカーにはアンプからのコードが片チャンネルしかありません。
天井裏に新たな配線をしなくてはなりませんが、天井裏は狭い上に排気ダクトやエアコンの冷媒管に加えてあらゆる信号線やアンテナ線や電力線が張り巡らされているので7メートルのスピーカーコード1本通すのにかなり手間取りました。

毎月使用料をとる有線放送会社のスピーカー配線がオーディオ常識ではない理屈でなされていることと、仕上がった音に大変に良い音になったとお店の方に喜んでいただいたことにACプラグの極性にさえ音質が変わると云々している身としては「左右を正しく配線しただけなんですよ」と言ってしまいましたが一緒にこちらも喜んであげる方が良かったなと少し反省しながら帰ったのでした。
スポンサーサイト

料理屋さんの音響

電気工事業の友人に頼まれ料理屋さんの音響工事に行きました。

「じん六」さんの時のようにモニターオーディオとMODEL37とは行かず、リースの有線放送機器を外して設置してあるスピーカーはそのまま使って出来るだけ安く仕上げてお店の中に音楽が流れていれば良いとの依頼でした。

電話で相談を受けた時には一階と二階に取り付けてあるステレオスピーカーの左右を正しく直列接続して普通のステレオアンプにつなぐように伝えて図面で示したものをFAXしました。
相手のFAXの調子が悪くてスピーカー極性の意味あいが上手く伝わらなかったようで小生もお店に行って手伝うことになりました。

さてお店に着きました。

衛星無線で送っている有線放送?!のレシーバーは一番奥のカウンターの手前の台に2機が積んで置いてありました。確かにそれぞれ一階と二階にステレオで別の有線チャンネルを選んで送れるようです。
よく見ると有線放送レシーバーの上に黒い小さな電源ボックスらしきものがこれまた2台積んであります。
外部電源かと思いきや、これがパワーアンプです。
有線放送レシーバーにはスピーカー出力が無いのかと思いきやこちらにもスピーカー端子が有ってスピーカーが繋がっています。
しかしラインアウトから送られている黒いパワーアンプの1台と有線放送機器の1台は共に片チャンネルだけにスピーカーコードが繋がっています!?。
何故なのか?と考えるよりも営業の邪魔にならないように急いでスピーカーコードの繋がっていた状態を明示して、コードを外しながらL/Rと+/-を記してビニールテープをそれぞれに貼り付けておきました。

「4芯コードを利用して一階と二階にステレオで送ってあるから」という電気工事の友人の言葉を信じて持って行ったステレオプリメインアンプに一階/二階と明示してあったコードを直列接続して鳴らしてみるとカウンターのスピーカーが鳴らないのに直列につながれた二階のスピーカーだけが鳴ります。直列なので一階カウンターのスピーカーが断線しているなら二階も鳴らないはずなのに二階からは聞こえます。?!
レシーバーに来ているスピーカーコードを落ち着いて試してみると鳴らないスピーカーコードがあったり、一階カウンターに送っている筈がトイレで鳴ったりして訳が分からなくなりました。

オーディオですがBGMなので音質は無視でやりますからと言って始めたのですが、どうもまともに音を出す事さえも難しいのです。

授賞式

2月8日無線と実験誌 MJテクノロジー・オブ・ザ・イヤー授賞式に行きました。

早朝京都駅に向かいましたが、明るくなく夜のようでした。
新幹線に乗ることも2年ぶりくらいですから妙な緊張感に包まれての移動でした。

東京営業をお願いしているK氏にも道案内を兼ねて参加していただきました。
日本のハイエンドオーディオメーカーや輸入オーディオ商社の代表者と並んで賞状と記念の盾を頂きました。
実は5年前にもMODEL12とMODEL11で真空管部門2位、3位を頂いたのですが、都合がつかずに欠席していたので今回が初めての授賞式なのでした。
懇親会が始まるとほとんど面識の無い方ばかりですしある意味競合製品をリリースしている会社同士なので孤立してしまいました。

雑誌社の発展どころか業界自体の存続さえ問われかねない状況のなかにありながら、優良な製品として雑誌社への貢献度を別にして表彰していただけたことに感謝しています。
その意味ではMJ誌の評価の中立性は高いといえるかもしれません。
月刊誌であることを考えると凄いオーディオ専門誌であると改めて思い入った次第。

点数を入れて下さった評論家の先生方や編集長の人だかりの途切れを見計らってご挨拶しているうちに散会となりお土産まで頂いて帰りました。

取っていたホテルがスカイツリーの近くだったので、その威容が印象に残りました。
バベルの塔を見たことも無いので変ですが、バベルの塔にしか見えません。地表部の小ささがより高さを印象付けるのでしょう。
翌日の曇り空の中のそれは途中から雲に隠れて天空の先まで延びているような錯覚を覚えさせてくれました。

検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。