ND-S1000

オンキヨーさんから新しいデジタルメディアトランスポートND-S1000が発売されました。

オンキヨーさんには今月初旬に弊社独自のグラウンドアイソレーション技術に基づくデュアルコアD/Aコンバーターの採用を寝屋川市の本社にてアピールさせていただきました。

その折りに弊社のND-S1のモディファイ機MOD-1試作機のデモンストレーションと販売についてのご意見を伺ってまいりました。
話の中でND-S1の上級機種が近々出る事をお聞きして、はたしてMOD-1用のデュアルコア基板は上級機種に対応出来るのかと心配していました。
現物にまだ触れていないので推測の域を超えませんが、説明では筐体の制振性の向上が述べられていますし、提供された写真からは内容の大きな変化は無いように読み取れます。
しかしND-S1用に合わせたMOD-1のデュアルコア基板が綺麗に収まるのか心配の種は尽きません。

耳の早いお客さまからは受注をいただいたMOD-1をND-S1ではなくND-S1000に変更してデュアルコアD/Aコンバーターを収めて納品して欲しいと数日前に連絡が来ていました。
モディファイ機の限界を感じさせられます。

早速入手して対応することにします。
上手く内部搭載できれば更に良いものになると思います。

入手が楽しみです。

オーディオの凄さ


11月になりました。

季節の移り変わりが早過ぎて、秋の紅葉を置いてきぼりにして冬が訪れたのかと思うほど寒い朝でした。

オーディオとは音楽の道具ではなく機器に抱いた幻想を確認せんがためにスイッチを入れて楽しむものなのかと聞きたくなる衝動にかられることがままあります。

得てしてソフトがオーディオ機器を際だたせるものばかりに偏っているように思うのですが考えすぎかもしれません。

オーディオの凄さとは陣容や価格ではなく手元のソフトの偏りに気づかせないまま音楽を楽しむようにオーナーを仕向けてしまうことにあるのかも知れません。
趣味嗜好のものなのでどれほどつぎ込もうと何を集めようと個人の自由ですが、音楽を奏でない機器を愛でて凄さだけで満たされるオーディオではもったいないと思うのです。


検索フォーム
リンク


QRコード
QRコード